育児グッズ

チャイルドシートJoie Ark360°の徹底レビューと口コミ

Joie Ark360

こちらの記事ではチャイルドシートJoie Ark360°のレビューをまとめています。

出産準備品の中でも高額なチャイルドシート。種類も多いしどれを買おうか悩んでしまいますよね。

我が家ではJoie Ark360°(キャノピー付き)というチャイルドシートを使用しています。

私がチャイルドシート選びで重視したポイントは、ISO-FIXであること・360度回転式であること・日除けが付いていること・4歳まで使えることです。

この全ての機能がついて3万円ほどで手に入るJoie Ark360°(キャノピー付き)。これらの機能がついていたら通常なら5〜7万円以上はするのでかなりお安いですよね。

安すぎて不安になっている方もいるかと思いますので、実際に1年間使い倒したことで見えてきたデメリットも含め、詳しくお伝えしていきます。

公式ショップでJoie Ark360°を見る

Joie Ark360°を実際に使ってみて

Joie Ark360°のオススメポイント

  1. ISO-FIXで簡単&安全
  2. 360°回転式で乗せ降ろしが簡単
  3. シートは取り外して洗濯可能
  4. 値段が安い

①ISOFIXで簡単&安全

チャイルドシートの固定方法はシートベルト固定かISO-FIX固定の2通りです。

シートベルトの固定はちょっと複雑で難しい・・・しかも取り付け状況のミスユースはなんと6割以上JAFの調べにより)。

せっかく赤ちゃんを守るために使っているチャイルドシート。取り付けミスで赤ちゃんを危険に晒すなんてことは無いようにしたいものですよね。

Joie Ark360°はISO-FIX固定式です。チャイルドシートのバーを車の座席についている金具に差し込み、レッグサポートという足元のバーを固定するだけ。

初めて取り付ける時には若干苦労しましたが、慣れてしまえば簡単にできます。

②360°回転式で乗せ降ろしが簡単

Joie Ark360°は360°回転式です。赤ちゃんを抱っこした状態でも、片手で簡単に回転させることができます。

シートをドアの方向へ向けることができるので、乗せ降ろしが本当に簡単です。

実はチャイルドシートの座らせ方も4割がミスユース。ミスユースの内訳はハーネス(チャイルドシートの子供用ベルト)の締め付けの不適合なんです。

360°回転式なら、赤ちゃんと向き合った状態でハーネスを着けることができるので、しっかりと締めることができます。

③シートは取り外して洗濯可能

Joie Ark360°のシートは全て取り外すことができます。ソフトパッドクッションという厚みのあるクッション以外は全て洗濯可能です。

ミルクの吐き戻しやうんち漏れなどで汚れてしまっても、お洗濯できるので安心ですね。

④値段が安い

ベビー用品店でチャイルドシートを見ていると、ISO-FIX固定式で360度回転式のチャイルドシートは安くても5万円は超えていました。

Joie Ark360°はキャノピー(屋根)付きでも3万円ほど。

必要な機能は備わっていてこのお値段、かなりリーズナブルですね!

Joie Ark360°の残念なところ

  1. リクライニングがあまり倒れない
  2. キャノピー(屋根)が浅い

①リクライニングがあまり倒れない

Joie Ark360
左:一番倒した状態 右:一番立てた状態

5段階リクライニングになっていますが、可動域が狭いです。

MAXに倒してもあまりフラットにはなりません。

退院直後の新生児を乗せるのにはちょっと不安でした。

しかし、新生児期に長時間お出かけすることはあまり無いと思うので、そこまで気にしなくても良いかなと思います。

車種にも注意!

これは実家の車に載せ替えたときに気づいたのですが、車種によって座席の角度が違うようです。

座席が斜めになっている車に取り付けた時は、チャイルドシートの角度も急になってしまいます。

左:座席がフラット 右:座席が斜め

買う前にお店で実物を見た後でも、車に載せてみたらイメージより角度が急だったということがありえます。

②キャノピー(屋根)が浅い

キャノピー付きはベビーザらス限定商品です。

我が家ではキャノピー付きを選択しました。

しかし、1番広げた状態でも浅く、あまり意味がありません。

日が当たってしまうので、キャノピーの上から更にバスタオルを被せて使用しています。

バスタオルを被せれば使用できるので、無いよりはあった方がいいかなとは思いますが、車の窓自体にサンシェードを付けるといった方法でも良いかなと思います。

Joie Ark360°の口コミ

良い口コミ

初めての子供が出来たので、購入しました。
360°旋回するチャイルドシートでこの値段はなかなか無いので、価格以上の商品かと思います。

楽天市場みんなのレビュー・口コミ

出産にあわせて購入しました。非常に使い勝手がよく、問題なく利用できてます。ベルトの部分が子どもに当たって痛くないか心配していますが、今のところ大丈夫です。やはり、回るのは、便利です。

楽天市場みんなのレビュー・口コミ

360度回転式がとても便利だという口コミが多かったです。

ISO-FIX対応で360度回転式で3万円以下で買えるということで、コスパの良さも高評価の要因になっています。

悪い口コミ

ISOFIXガイドのフックがISOFIX固定バーにしっかり引っ掛からなかったです。ISOFIXコネクタを差し込もうとするとシートとの摩擦で引っ込んでしまい非常に取り付けしにくかったです。回転レバーとリクライニングレバーがもっとさわりやすく操作しやすい形状であれば良いのにと思います。

楽天市場みんなのレビュー・口コミ

この方も取り付けには苦労したみたいですね。車種によってはISO-FIXの金具が奥まっていて取り付けづらいということはあります。

回転レバーとリクライニングレバーは同じ面にあるので、「回転させようと思ったらリクライニングの方を触ってしまった」ということがあります。

これも慣れてしまえば気になりませんが、最初は操作を間違えるかもしれません。

退院時、2週間健診と2回使用しました。
が!リクライニング5段階とはいえ1番寝かせても全然角度があります。
首の座らないうちはかなり厳しい!
苦しそうで乗せてるのがかわいそうです。
回転式でISOFIXなのにとても安かったのでこれを購入しましたが、ケチらずにエッ〇ショック的なの買っていればこんなことにはならなかったのかなと思います。
ただ首さえ座れば普通に使えそうです。

楽天市場みんなのレビュー・口コミ

やはりリクライニングの角度が気になる方はいましたね。

リクライニングは気になるものの、乗せてみたらぐっすり寝てくれたという口コミもありました。

先ほども説明しましたが、車種によってかなり角度が変わります。

我が家ではトヨタのシエンタを普段使っていますが、シエンタは椅子がフラットなので角度はあまり気になりません。

実家の車はトヨタのエスティマ。こちらに載せた時には角度がかなり気になりました。

買う前に一度、自分の車の椅子の角度を確認してみると良いかと思います。

Joie Ark360°の基本情報

基本情報

商品名:Joie Ark360°

製品サイズ:W46×D65~68×H53~64cm(後ろ向き)
W46×D51~55×H63~78cm(前向き)

本体重量:11.9kg

使用対象年齢:新生児〜18kg(4歳頃)まで

取り付け方法:ISOFIXのみ

参考価格:24,800円(税込)(2019年7月現在)

どこで買うのがお得?

私はキャノピー付きが良かったのでベビーザらスで購入しました。

ベビーザらスではプレママ特典として毎月第1日曜日にポイントが20倍になります

200円(税込)で1ポイントなので、20倍で約3,000円分のポイントが付与されます。

実質27,000円ほどで購入できるということになりますね!

キャノピー付きがいい場合は第1日曜日に買うのがオススメです^^

キャノピー無しの場合は

カトージオンラインショップ

での購入がオススメです。

会員登録をすれば22,320円(税込)で購入可能です。

楽天やAmazonでは24,800円(税込)でしたのでカトージオンラインショップが最安値になります。

(上記価格は全て2019年7月現在のものです。)

まとめ

リクライニングの角度が気になるという意見もありましたね。

病院から自宅までが遠く、何時間もかかるというような場合には完全にフラットになるこちら↓

のようなタイプが良いでしょう。

ISO-FIX固定式で360度回転するチャイルドシートで3万円以下で手に入るJoie Ark360°。

コスパが良いのは間違いないですね!

なるべく安くて良いチャイルドシートが欲しい!という方にはオススメできるチャイルドシートです。

カトージオンラインショップでJoie Ark360°を見る